踊るジュエリー堂
クロスフォーニューヨーク・ダンシングストーン正規品販売
踊るジュエリー堂 > ダンシングストーンのエトセトラ > ダンシングストーン(Dancing Stone ®)とは?石が踊る仕組み

ダンシングストーン(Dancing Stone ®)とは?石が踊る仕組み


石だけが踊る(Dance)ように振動するのが特徴。「動き出したら止まらない」といえるほど常に動き続けるセッティング方法です
 

ダンシングストーンは、日本の山梨県甲府市にある株式会社クロスフォーの土橋社長が2011年に自ら設計開発しました。日本特許を取得、国際特許も申請中です。


石だけが踊る(Dance)ように振動するのが特徴。「動き出したら止まらない」といえるほど常に動き続けるセッティング方法です。クロスフォー社は、人間のわずかな動きを細かな振動エネルギーに変えて(動き出したら止まらない)、と言えるほど常に動き続ける宝石の『Dancing Stone(R)』を発明しました。ジュエリー本体は動かず、その中にある石だけが振動するのは、この『Dancing Stone(R)』がはじめてです。


女性の胸の上で振動し揺らぎながら、キラキラと輝き続けるダンシングストーンは他のどのようなジュエリーにもない魅力的なものとして、世界中の女性のデコルテを輝かせ華やかに演出しています。


 

メディアで紹介されました

■2015年7月12日放送分、TBSテレビの「がっちりマンデー」で株式会社クロスフォーのダンシングストーンが紹介されました。


 

製造元は株式会社クロスフォーという会社で、なんにもしていないのに振動する宝石のダンシングストーンを開発し、女性たちのアクセサリーとして人気となった。その月間売上は約35万個にもなる。宝石だ振動するしくみは宝石を支える輪っかに秘密があり、内側をあえて尖らすことで振動するしくみとなっている。

引用元:価格コム

 

■2016年3月26日放送文、TOKYO MXテレビの「未来展望」

 
 

ダンシングストーンがゆれ続ける秘密(TWINKLE SETTING)

 
ダンシングストーンが揺れ続ける秘密&仕組み
 

ダンシングストーンが揺れ続ける秘密&仕組みを簡単ではありますが説明させていただきます。ダンシングストーンペンダントを裏側から見ると分かりやすいかも知れません。


上図のように通常の丸カンですと接地面が広く摩擦が大きいため安定して止まってしまいます。ダンシングストーンペンダントの丸カンは、三角形の頂点どうしが接点になっている感じです。これだと接地面が点となり浅く、摩擦が少ない!なので止まりにくい…不安定な状況を作り出しています。ちょっとした体の動きによる振動や空気の流れなどで、止まることなく揺れ動き、輝き宝石が踊っているように見えるのです。


このジュエリーの本体は動かず石だけが振動するというのはダンシングストーンが初めてで、クロスフォー社が特許を取得しています。石が踊るセッティング方法はは「Twinkle setting」または「Dancig setting」と云われています。


 
 

中石が揺れるのに落ちないの?外れないの?

ダンシングストーンの落ちない仕組み構造
 

中石が揺れるのに、固定されていないのに…不安ですか!?


心配ご無用!「Twinkle setting」されていない普通のペンダントは図2のように一点留めなのに対しダンシングストーンペンダントは図1のように二点留めなので安心です!更に、外枠で中石を覆うようにカバーしているので安心安全なのです。


 
 

あなたの胸元で安心安全に輝き続けます!

ダンシングストーンの中石が揺れるイメージ
 

普段、身につけるアクセサリーとしても良いし、ちょっとしたお出かけにも身につけるだけで華麗にドレスアップします。高価でもなく、それでいて安っぽくないお手頃な価格なのがダンシングストーン・シリーズなのです。


カジュアルなファッションから正装まで、さまざまなシーンでオススメいたします!ダンシングストーンはプレゼントに最適です。または、自分へのご褒美にもどうぞ!


 
 



キーワード